2017年4月21日金曜日

1日170分

「1日170分」。実はこの数字は高校生のスマホでのネット利用時間。最近の調査によると高校生のスマホ保有者は、高校生全体の9割をこえると言われています。ところで、そのネット利用時間で何をやっているのか。最も多いのがLineFacebookなどのSNSで続いて動画閲覧、スマホゲームとなっています。節度を持ってスマホを利用し、勉学に利用しているというよりは、むしろ遊びに近い利用でスマホに依存しているような印象を受けます。学生がスマホ依存に陥る理由として日々の生活での達成目標がないために、スマホの中に刺激を求めて延々と触り続けてしまうことが多いように感じます。学業における計画、人生でやってみたいこと、生活での達成目標がないことが、だらだらと依存してしまう一因になることは否めません。自分が将来どんな大人になりたいかといった人生計画、そこまでの大きな夢ではなくとも勉強がわかるようになって面白い、今は部活動にのめり込んでいる、習い事が楽しいといった日々の中で打ち込めるものを持っていれば依存に向かわないのかもしれません。使い方さえ間違わなければスマホは非常に便利で、多くのもの事や知識にアクセスできることができる、かつてない発明です。また、中には利用している子ども自身が本当は学習の妨げになっていることに気づいていたり、自分の好きなことを邪魔されるのでやめたいと思っていることもあるでしょう。友達の手前辞められない状態になっていることもあるでしょう。こういった場合は先生や保護者が悪役を買い、ルールつくってスマホを取り上げたり、利用を制限したりすることで、ホッとする子どもは必ずいるはずです。Iphoneの生みの親、スティーブジョブズも家庭ではスマホの利用を一切禁止して、家族のコミュニケーションの時間を大切していたといわれています。キッチンのテーブルで夕食をとり、歴史などの様々なトピックについて話し合ったそうです。家庭でのルール作り、リスク教育、子どもたちだけの問題ではありません。大人も一緒になって家族ぐるみで考えることは、便利なスマホと上手に付き合っていくことにもつながるとは思いませんか。

2016年12月12日月曜日

満点の必要性

本日も中3の授業では、過去入試問題を扱った授業。いよいよ緊張が高まってきました。授業内で「受験で満点は必要ない」とお話しさせていただきましたが、学校の定期テストとは全くの別物です。学校の定期テストでは満点を目指して僕たちはできる限りのバックアップはしています。何故なら順位がつけられ、それが成績に加味され、結果的に内申に影響を及ぼすからです。しかし受験は全然違います。例えば募集定員が200名のA高校に合格するには「200番以内」に入りさえすればいいのです。極端ではありますが、その順位以内に入れば点数は何点でもOKです。例えば合格ラインが300点の高校であれば 、最低限300点は取れる力を身につければいいのです。入試問題はもともと満点がとりにくいように作問されています。受験生の学力をはかるための問題なので、易しすぎず、難しすぎないように留意して問題は作られています。一般的に6割程度の得点で合格ラインに到達する場合がほとんどですが、受験で必要な点数は一人ひとり異なります。当然、それに向けた対策も異なります。計算の正しい解法を身につけたらいいのか、理科の電気分野を強化したらいいのか、英語の単語が足りないのか…まさに千差万別です。最近の面談でも模試を返却させていただいたときに説明させていただきましたが、誤った問題をすべてやり直そうとするのではなく、それぞれの設問ごとに受験者中における正答率を見て、ほとんどの人が正解しているのに、得点できなかったものだけをピックアップして復習することがより効率的です。つまり、ほとんどの受験生が正解に達することができなかった問題はパスしても、多くの人が正解した問題を確実に得点できるような勉強が有効だということです。これからが受験に向けて大きな山場となります。「あの時もっとやっておけば…」とならないように、最後の追い込み頑張りましょう!!

2016年11月1日火曜日

菜の花や 月は東に 日は西に

「菜の花や 月は東に 日は西に」と詠んだ与謝蕪村が見た月は、どのような形をしていたと考えられるか。理由も含めて答えなさい。中3理科の教科書P254に取り上げられている問題です。知識だけでなく、それを活用する力が求められていることが良く分かる問題ですね。さて、国語などでも取り上げられるこの与謝蕪村の句ですが、光景を思い描けるでしょうか。まずこの句が詠まれた時間帯ですが、「日は西に」と述べられていることから太陽は東からのぼり西に沈むわけですから、「日没頃」ということになりますね。では、日没頃に月を見るとどんな形に見えるのでしょうか。正解は満月です。満月は太陽のちょうど反対側に見えます。ですから日没頃に東の空からのぼり、夜中に南の空を通り、日の出頃に西の空に沈むというわけです。また、月は自分で回る(自転)しながら地球の周りを回る(公転)しています。その周期は同じであることから、いつも同じ面を地球に向けていることになります。月にとっての「1日」は地球の約4週間にあたるわけですね。小学校でも天体は勉強するのですが、しっかりと勉強するのは中学3年生の冬です。さらに高校入試で「月」は流行りの問題であり、よく勉強しておくべき単元です。文章で説明するのは少し限界があるので、中学3年生の冬の授業で図を用いて解説しましょう。乞うご期待!

2016年10月31日月曜日

取捨選択

模試の過去問演習をして解説の冒頭で、「取捨選択」についてお話をしました。限られた時間で最大の効果を上げるために「完璧主義」を捨てて、優先順位の低いものをどんどん捨てていく方法です。勉強の仕方がうまくわからなく前に進めない生徒が多く見かけます。勉強の仕方も必要ですが、それ以前に、覚え方、暗記の仕方が大切です。僕個人的な意見ですが、勉強はほとんど暗記だと考えています。ところが多くの生徒の暗記の仕方というのが、点数の高いものも低いものも、出題頻度の高い問題も低い問題も焦って一気に覚えようとしています。重要度がまるで違うのに、すべて同じように覚えなければいけないと思っていませんか?「勉強はしているけど成績が伸び悩んでいる。」の原因の1つがこれなのかもしれませんね。大事なことは「大切なものから順番に詰めていく、いらないものは捨てていく」ことだと思います。こういった取捨選択ができない生徒が非常に多いように感じます。本日の数学の模試の過去問演習で、生徒たちの様子を見ていて思ったことなのですが、わりと皆さん問題を捨てたがりません。ですから「全然進まない→やる気がなくなる→やらない」になっているような気がします。捨てるからこそかえって早く覚えられると思います。入試は満点を取る必要はありません。合格点を取ることに集中して問題に優先順位がつけられるよう練習していきましょう。

2016年10月29日土曜日

数学の方程式や定理が人生で何の役に立つのか!?

高校生の「図形の性質」のテスト対策用テキストを作成していて、ふと思いついきました。「弦の垂直二等分線は円の中心を通る」という中学で学習する円の定理ですが、これは「Pokemon Go」のポケモン探索に役立つと思いました。生徒たちから「数学の方程式や定理が人生で何の役に立つのか」とよく聞きますが、今話題のポケモンGOを例にとって説明してみようと思いついたわけです。これは「隠れているポケモン」に表示されたポケモンの居場所を効率的に特定する方法です。ポケモンのいる位置が円の中心「隠れているポケモン」から表示が消える場所が円の端となります。表示が消えたら90度曲がって進み、再び表示が消えたら最初に表示が消えた位置との中間で、最初に歩いた方と逆向きに進んでいけば円の中心、つまりポケモンがいる位置にたどりつけるということです。円の定理を使うことで、実に効率よくポケモンのいる位置を特定できるはずです。ただ、効率を求めるほど【ゲーム】ではなく【作業】になりつまらなくなってしまいますね…。生徒たちの「数学の方程式や定理が人生で何の役に立つのか」に対する僕の答えは「役に立つかではなく、どう役にたたせるかのという使う側の発想があるかどうかなのです。」まぁ、ポケモンGOが人生の役にたつかどうかは別として…。

2016年10月28日金曜日

リスクを最小限にするには・・・

今まで受験に関してまるで他人事のようだった生徒たちが受験校決定に悩むようになってきました。これは真剣に自分の将来を見据え始めてきたいい傾向です。さて、先日ある生徒に大学受験校選択の相談を受け、そのときお話ししたことが「リスク」についてです。リスクというのはあらゆる場面に存在します。例えば、受験で学校を選択する場面がこれにあたります。本当に合格するかどうかわからない条件で受験するため、そこには大きなリスクがあります。しかも難関とよばれる学校ほどリスクは大きくなります。但し、難関校を受験するというリスクを背負った場合であるほど、合格したときのリターンは大きくなります。よく言われる「ハイリスク・ハイリターン」ですね。世の中は全てこの法則に従っていると言えます。但し、リスクを減らす方法は存在します。リスクを最小限にとどめ、大きなリターンを獲得する方法が、「努力」。「どれだけ勉強して偏差値をあげたいか」という努力でリスクを減らすことが可能です。勉強を積み重ねるほど、合格に近づくことができます。リスクをゼロにすることはできませんが、本人の努力次第でリスクを減らすことはできると思います。圧倒的な努力をしている人には成功者が多いのが納得できますね。リスクを恐れる時間があるぐらいなら「努力」あるのみです!!

2016年10月21日金曜日

ラダー効果

最近、製造業で働いていた新入社員時代に上司から「ラダー効果」についてお話いただいたことをふと思い出しました。『旅人が道を歩いているとある職人Aに出会います。Aはひたすら石を積んでいます。旅人はAに「あなたは何をしているのですか」と聞くと、「石を積んでいる」と答えました。旅人がさらに歩き続けると、今度は石を積んでいる別の職人Bに出会います。同様にBに「何をしているのですか」と聞くと「教会を造っている」と答えました。また歩き続けると3人目の石を積んでいる職人Cに出会います。同じ質問をしてみるとCは「人々の心をいやすための仕事をしている」と答えました。やる気を持って仕事を続けられるのは勿論C。自分の仕事の目的を理解して取り組んでいるからです。』といった内容です。さて、この「石を積む」に似た行動は、私たちの生活の中にもたくさんあります。例えば、学習。「勉強している」という行為レベルか、「第一志望合格する」という目的レベルか、それとも「自分が成長する」といった意味レベルなのか、その捉え方次第で学習に対して湧き出るエネルギーの大きさにきっと違いがあると思います。視点の抽象度を引き上げて、行動の意義や価値をとらえることで、自身のモチベーションを高め、行動のクオリティの向上を図るというのが「ラダー効果」。さて皆さんがやっている勉強の目的・意味は何なのでしょうか。勉強のための勉強になっていないでしょうか。「勉強している」と誰かにアピールするための勉強なら意味がないです。その勉強を通して自分は何を身につけたいのか。常に目的意識をもって取り組んでみましょう!