2017年12月3日日曜日

文章の読み書き

先日、小論文と面接で志望校合格を勝ち取ってくれた生徒に「勝因は何?」と聞くと、「小論文ですかね。小論文は慣れで、練習すれば書けるようになるものです。」と話してくれました。文章の読み書きについてどうすれば得意になるのか、ここが誰もが難しいと感じておられる部分だと思います。皆さんの志望校の入試でも小論文を学校によっては課せられているところもあるでしょう。正直、私自身小さい頃から本を読むことは苦手だったこともあり、文章の読み書きについては本当に苦労しました。しかし、苦手ではなくなったのは、結論から言うと彼の言うように読む・書くについては「数をこなして書いていく」しかないと思います。まずは教科書から、これはうまくなくてもいいので音読できれば最高です。教科書が嫌なら、好きな漫画でもいいと思います。嫌なことや興味のないことは何をやっても身になりませんし、漫画やアニメから日本語を勉強している外国人はたくさんいます。そうして数をこなしているうちにだんだんと「空気が読める」ようになってくるはずだと思います。次に文章を書くことですが、まず何かを書いてみないことには始まりません。私が最初に意識して書いたのは、小さい頃に「あそひにいてきます」といった置手紙です。濁点も小さな「つ」も抜けていましたが、意味は伝わりました。文章を書くということは人に何かを伝えたいという衝動から始まります。こうやって毎月のコラムを書かせていただいているのもそうですね。「なんでもいいから自由に書いてごらん」では設定が漠然としすぎていて、生徒には難しすぎると思います。そこである程度上手く条件を設定してあげることが大切です。例えば、小学校の授業で記憶に残っているのが、「どこで」「だれが」「何と・何で・誰と」「何をした」というのをそれぞれ書いて読みあうということも今から考えると工夫された授業だったなぁと思います。今を生きる子どもたちは特に、SNSを使いこなすために、短い言葉で的確に伝えないといけないので、昔の子ども以上に書くことについて重要なはずです。スタンプに頼っていてはいつまでたっても書く力はつきませんよ。

2017年10月24日火曜日

限界をほんの少し超えてみよう!!

先月より肉体改造を目的に大きいからだをさらに大きくしようとジムに通い始めました。…嘘ですw。運動不足解消とダイエットが目的です。ダイエットに筋トレ?と思うかもしれませんが、ダイエットのために筋トレをするというのは理にかなっています。筋肉量がアップすると基礎代謝量が上がるからですね。僕が筋トレをする上で大切にしていることは「限界をほんの少し超える」です。筋肉が痛くなるまで、つまり楽な段階は全然トレーニングになっていません。痛くなり、しんどくなったりしてからあと何回できるのかが勝負です。それだけ筋肉が鍛えられます。高校の部活時代を思い出しますね笑。さて、これは勉強にも同じことが言えます。最初は机に向かいますが、途中で嫌になり、辛抱できなくなってしまいます。そこまでは全然勉強になっていないわけですね。つまり楽々こなせるレベルです。ところが、しんどくなった後何分、何時間、何問できるかが勝負。自分の限界を少し超えてみることが重要です。そうでなければ、なかなかじっくりと勉強することははぜきませんし、何より成長がありません。しんどくなった先にどれだけ頑張れるかが成長分になるわけですね。とはいっても非常に難しいと思います。自分の限界に近づくと人間はものすごいストレスや負荷を感じます。かといって「自分の限界を超えない」行動をしていると、自分の能力がどんどん下がっていきます。100%の能力に対して、99%の力しかつかっていないと99%×99%×99%…とどんどん自分の力が下がってしまいます。それに対し、自分の限界以上に少しでも達すると101%×101%×101%…といった感じで成長していけると思っています。この1%2%の差が成長するかしないかの大きな境目になんですね。では、具体的にどうするか。例えば、昨日より学習時間を1分増やしてみましょう。昨日2時間勉強したなら今日は2時間1分勉強する。これならできそうですね。この「昨日より学習時間を1分増やす」を2か月続けてみると1時間も増えることになります。いきなり学習時間10時間なんて不可能ですが、少しずつ自分のメモリーを増やしていくことはできるはずです。そうすれば自ずと結果がついてきます。ですから限界を感じた時はもう少しだけ頑張ってみる。これを重ねていってみましょう!!

2017年9月25日月曜日

ハードルを下げて学習に取り組もう!

先日より模擬試験の返却し、個人面談を実施しています。生徒たちは真剣に自分の成績結果と向き合い、どうすれば次のステップに繋げることができるのか僕たちと一緒に悩んで前に進んで行こうとしてくれています。しかし、気持ちだけが空回りしてしまって、勉強に取り組もうとは思っているけれども、なかなか行動にうつせない生徒もいます。勉強がなかなか取り組めない生徒にとって、勉強とはハードルが高いものです。まずは、少し頑張れば越えられそうなハードル(目標設定)をすることから始めてみましょう。例えば「数学の点数をあげること」を考えてみましょう。ハードルの高さを【1】計算ミスを無くす【2】学校の問題集を全て終わらせる。【3】分からない問題は先生に質問する。という3段階に分けると仮定します。今の生徒たちを見ていると直ちにこのハードルを越えようとしますが、これらのハードルの前段階に小さなハードルが存在します。分かりやすくするため【0.5】のハードルが仮に存在するとしましょう。そうすると【0.5】途中式をきちんと書く【1.5】分かる問題だけを解く。【2.5】問題集を繰り返し練習する。といった全部で6段階の高さに分けることができます。例えば【0.5】「途中式をきちんと書く」があることによって、自分の間違えた部分が確認でき、癖もはっきり見えてきます。(マイナスをいつも付け忘れるなど…) このようにハードルの高さを細かくし、ハードルを低くすることによって、勉強への取り組みやすさに直結し、数学の点数に大きな差が生まれてくると思います。自分でハードルを上げてしまって、立ち止まっている人は是非試してみて下さいね。

2017年9月11日月曜日

最高の英語教材

ますます加速化する英語教育の低年齢化。小学3、4年では必修化、小学5・6年では教科化されることは決定していますし、近い将来、最低限の英会話ができるというのが常識という世界がやってくるのは間違いなさそうです。最近、小学校の現場の先生とお話する機会があり、「日本人が英語で学ぶ上で最も苦手とするものが、【コミュニケーション力】です。何となくでも通じ合えることが大切です。」とお聞きしました。これを聞いて思い出したのが「世界の果てまでいってQ」の出川哲郎さんのコーナー「はじめてのおつかい」。僕も大好きなコーナーで、ご存じの方もおられるかと思いますが、出川哲郎さんが海外へ行き、英語だけで目的地にたどり着けるかという人気コーナーとなっています。どの教材でも言われていますが、日本人が英語を話せない理由は「使う機会がない」ことにあります。しかし、彼はカタコトの英語で目的地に辿りついてしまいます。何故こんなことができるのでしょうか。テレビの企画というのもあり、抱かれたくない芸能人、嫌いな芸能人の上位をキープしていますが、彼の「英語の内容ではない!話そうとする姿勢や勇気が大切なんだ!」といった積極的な姿勢は見習うべきものがあります。例えば、先月に放送された「はじめてのおつかいinバンクーバー」でのミッション、「科学博物館で一番人気の臓器のぬいぐるみ買え」では、科学博物館【Science Museum】を彼は道行く人に「ドゥユーノー…」「ビーカーミュージアム?」「フラスコミュージアム?」「スポイトミュージアム?」から始まり、「アインシュタインミュージアム?」「ニュートンミュージアム?」挙句の果てに「ピタゴラスの定理ミュージアム?」などの酷い英語を披露し、彼の中の科学に関係があるものを全て使い全力でアプローチして、目的地の【Science Museum】にたどり着くわけですが、ここに重要なポイントがあると思っています。まずは「自分の知っている単語をどんどん使う」こと。英語を勉強していくと、どうしても「どう文章を作れば伝わるのか?」「この文法って正しいのかな?」などと考えてしまいます。そんな不安や難しい考えはいったん全部取っ払ってしまうことが大切なんですね。そしてどんどん単語を覚えていくことが英語をマスターする上で重要で、「単語さえ分かれば伝わることがある」という彼の持論は分からなくはありません。これぞ今求められている「話せる英語」なのかなぁと思ったりもします。もう1つは誰かにものを尋ねることに決して躊躇しないこと。これは同じ日本人として学ぶべき姿勢と言えるのではないでしょうか。恥ずかしがり屋な日本人は知らない人にものを尋ねる際、立ち止まってしまいますよね。彼は知らない土地で言葉も習慣も違う人たちに向かって躊躇なく話しかけています。まさに、情熱と行動力をもって人種や言葉を超えてコミュニケーションが可能という事を証明しているような気がします。恥ずかしさ・間違いを恐れてしまうことを打ち破る点について「出川イングリッシュ(初めて知りましたが、こう呼ばれているらしい…)」は最高の教材だと思います。ふとこんなことを思いながら爆笑しながら見ているissieでした。

2017年9月9日土曜日

効率の良い暗記法は!?

テスト前の生徒から「暗記するのが苦手で…」という相談を受けます。僕は「バラバラの情報としてではなく、1つのまとまりとして覚える」ことが上手い暗記法だと生徒に伝えています。有名な記憶のメカニズムとして貯蔵庫モデルがあります。貯蔵庫モデルとは、まず感覚器官を経て、短期貯蔵庫に入り、十分な反復により長期貯蔵庫に入るというものです。ここでいう短期貯蔵庫とは、一時的に記憶が保管される場所であり、容量が小さいものを考えてください。それに対して長期貯蔵庫は、半永久的に記憶が保管される場所であり、容量が非常に大きいものです。短期貯蔵庫に保管される容量は、平均して7±2個程度の情報しか記憶ができないと言われています。これは子供でも大人でも7個程度のことしか一時的に記憶できず、しかもそれを反復練習しなければ、直ぐに忘れてしまいます。しかし、これは1つのことを7個しか覚えておけないのではなく、1つの塊としても7個覚えておけると考えてみると非常に面白い例が「語呂合わせ」だと思います。例えば元素記号を 覚えるとき、Hは水素、Heはヘリウム、Liはリチウム…と覚えようとすると7個程度の元素しか一時的には記憶できないことになってしまいます。ところが、「水兵リーベ僕の船、…」という語呂合わせで覚えてみると、20個の元素記号が1つのまとまりとなり、より多くの情報を頭にいれておくことができるようになります。あとは十分な反復によって、長期貯蔵庫に入れるだけですね。以上のことより、何かを覚えたい、暗記したいときは、有名な語呂合わせは勿論、1つの情報をより多くの情報と結び付けていくことが、効率の良い学習方法だと言えます。関係性の深いものは関連付け、1つの情報に様々な肉付けをし、バラバラの情報としてではなく、1つのまとまりで覚えることが上手な暗記方法です。1つを1つのこととして覚えるのではなく、1つのまとまりとして覚えれば、効率良く暗記できだけでなく、関連付けによって1つ1つのことへの理解も深まり、応用力も身につくはずです。是非実践してみてくださいね。

2017年9月7日木曜日

【一極集中型学習と分散型学習】

現在、各中学の定期テスト前ですが、テスト勉強に際して「一日どれぐらいの科目を勉強したらいいのか?」という質問を度々受けます。これは人によりますが、僕は「極力少ない科目で集中して取り組んでほしい」と生徒たちに言っています。一日に複数科目の勉強する最大のデメリットは頭の中で整理ができないというところにあります。もっと細かく言うと一つの科目においても幅広く勉強するのではなく、ある単元をしっかり学習するといったようにピンポイントに学習することで定着が図れ、点数アップにつながると思っています。これは勉強に限らず、例えば、僕は小学校のときに、一輪車に乗ることができなく、鉄棒の逆上がりもできませんでした。また、跳び箱も苦手でした。1日に30分練習時間をとれる場合、一輪車に10分、逆上がりに10分、跳び箱に10分という練習の仕方をするでしょうか。僕であれば、そうゆう練習の仕方はしません。一番苦手な逆上がりを一番に優先して30分練習します。そして逆上がりができるようになってから、次に苦手な一輪車の練習に取り組むようにします。その理由は一気に沢山の事に取り組んでしまうと全てが中途半端になり、結局全て上達が遅れてしまうからです。であるなら、ピンポイントに集中して取り組み、「できるようになった」という手ごたえを感じてから他に取り組んだほうがモチベーション維持にもつながるはずですよね。したがってテスト勉強に限らず、一つの事に集中して取り組むことは本当に大切なことです。しかし、この方法はデメリットもあります。得意科目と苦手科目の差がつきやすいという点です。ですから僕はしっかり優先順位を付けて苦手科目から優先して取り組むように生徒たちには言っています。テスト日は決まっていますし、そのテスト日まで取れる学習時間も決まっています。計画立てて1日1日の学習を大切にしてくださいね。気づけば1科目しか勉強していなかったということのないように…。

2017年8月15日火曜日

「純文学」に触れる

久しぶりに読書感想文でも書こうかと思います。今回は芥川賞受賞作の「影裏」です。何故この本を読もうかと思ったかというと、著者の沼田真佑さんの職業は塾講師、同業者として興味が湧いたといったところでしょうか。目的は「純文学に触れる」です()。舞台は岩手県、医薬品関連関係の会社に勤める男性が主人公です。元同僚の友人と釣りを通じて仲良くなったのですが、友人が転職したことによって疎遠になってしまいます。ここで仲良くなるというのは友情の枠を超えて・・・。「LGBT」も絡んでいます。東日本大震災を機に再び友人を知ることになり、それが友人像とはかなり違ったダークなものだったという内容になっています。日常生活と淡々と綴った平易な文章でしたが、非常に不思議な小説でした。岩手県の自然の美しさと釣りの醍醐味が多分に描かれ、終盤は東日本大震災の話に連なりますが、恥ずかしながら僕には一体何が書きたかったのかよくわかりませんでした。友人との「LGBT」がテーマなのか、謎かけやほのめかしなどの心理を突くような文体ではなくミステリータッチの雰囲気もない、ただただもやもや感が否めない小説でした。僕自身が純文学について勉強不足で、ほんの数冊芥川賞受賞作を読んで分かった気になるなよと言われそうですが、個人的には一塾講師がこんな綺麗な文章を書くのだと大満足でした。「純文学」は「芸術」と言われていますが、昔の受賞作品も読んでみようかと思います。

文章の読み書き

先日、小論文と面接で志望校合格を勝ち取ってくれた生徒に「勝因は何?」と聞くと、「小論文ですかね。小論文は慣れで、練習すれば書けるようになるものです。」と話してくれました。文章の読み書きについてどうすれば得意になるのか、ここが誰もが難しいと感じておられる部分だと思います。皆さんの志...